ウーマン

アントシアニンは身体の中から疲労回復してくれる働きがある

目の不調に有効な成分

果実

ポリフェノールの一種

パソコンやスマホを利用することの多い現代人に多いのが目の悩みではないでしょうか。長時間目を酷使していると、疲れやかすみを感じることが多くあります。そんな目の不調に有効だとされている成分がアントシアニンです。アントシアニンとは主に赤や紫色で構成されるポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を持っています。アントシアニンはブルーベリー、カシス、クランベリー、プルーンなどの食用植物に多く含まれています。赤や紫の色で構成されるアントシアニンは植物が紫外線から身を守るための成分であり、ナスやブドウなどの私たちの生活に身近な植物にも含まれています。では、どうしてアントシアニンが目に良いとされているのでしょうか。

高い抗酸化作用

人間は活動する際に活性酸素というものを発生させます。活性酸素は大量に増えると老化やがんなどを引き起こす原因物質の一つとされており紫外線を浴びたりストレスなどによっても発生するので、完全に防ぐことは簡単ではありません。アントシアニンにはこの活性酸素の発生を抑える抗酸化作用が豊富に含まれています。人は目でものを見るときロドプシンという物質が必要になりまが、疲れ目になるとこの働きが弱まります。アントシアニンにはこのロドプシンの活動を助ける働きがあり、疲れ目や視力の低下を回復する効果があるのです。アントシアニンを手軽に摂ることのできるものにサプリメントがありますが、たくさんの商品が出回っているので含有量や原料などに注意し、質の良い商品を選ぶよう気をつけましょう。